妊娠初期の腰痛は大丈夫なの?原因と対策

スポンサードリンク

ninp

大切な赤ちゃんを授かって大喜びしていたのも
束の間。なんか早くも体に異変が!


まだ妊娠して4週辺りなのに今までなかった
腰痛が・・・・!

元々腰痛持ちならわかるけど初めての経験で大丈夫なの?

多分、そんなお悩みの方がこの記事をお読みだと
思います。


つわりも重なって二重苦な感じでつらいですよね。
それにお腹の中の赤ちゃんのことも心配ですよね。

そんな方に、妊娠初期の腰痛の原因や対策を
書いてみますね。

お役に立てれば幸いです。

妊娠初期で出血を伴う腰痛や腹痛がある場合

注意

ninp1

まず最初に書いておきますね。

妊娠初期での出血は、大変危険です。


腰痛や腹痛を伴う場合ならさらに危険ですよ!

切迫流産の可能性がある場合が多いです

「少し様子をみて見よう」なんて悠長なことを
言っていると取り返しがつかない事になりかねません。

今すぐ病院に電話してください!
「妊娠初期で痛みが伴う出血がある」と伝えれば
すぐ診てもらえます。

妊娠初期の腰痛は何故起こるの?
ninpu2

妊娠初期の腰痛は、体のメカニズムとして必然に
起こるので、心配しなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

この腰痛は、生理日と同時に起こることが特徴ですね。

普通の生理痛は、生理の2週間位前(排卵直後)
から始まるので、区別できますね。

妊娠初期の腰痛、原因は?

妊娠初期の体は、赤ちゃんを受け入れる為に
いろいろと変化していきます。

最初に骨盤の関節やその周りの筋肉や靭帯に
変化が起こります。

これは、赤ちゃんの居場所を安定させる為の
体の変化ですね。

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されます。

このリラキシンは、骨盤を緩める働きがあります。
骨盤を緩めて、赤ちゃんの居場所を確保します。

そうすると体は、緩めた骨盤を守ろうと筋肉や関節が
動きます。

この体の自己防衛が妊娠初期の腰痛の原因です。

ん~、人の体ってシステマティックに働いてますね。

妊娠初期で寝る時に腰痛が始まる場合の対策は?

お昼間は、腰痛がそうでもないのに寝ようと
横になって暫くすると痛くなる。

または、就寝していたのに痛みでおきてしまう。

結構この症状の方って、子宮が大きくなった
妊娠後期の妊婦さんだけでは無く、
妊娠初期のかたにも多い悩みですね。

最近の若い女性って、痩せていてスタイルも良いのですが
下半身の筋力が無い方が多いですね。

筋力が無いので就寝時の態勢によっては、緩んだ骨盤を
筋肉や関節がフォロー出来ない状態になります。

改善策としては、 「シムス体位」を意識してみて下さい
シムス体位の詳しくは「シムス体位で妊婦さんの腰痛改善方法」
で記事にしています。

または、 骨盤ベルトなどで対策すると驚くほど効果があります。
「妊婦の腰痛や恥骨痛は骨盤ベルトで劇的に改善できる」
で詳細を記事にしています。骨盤ベルトが妊婦の腰痛改善にベストな理由

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です