妊婦の腰痛を改善する方法は?腹帯や妊婦帯は危険ってホント?

スポンサードリンク

腰痛で悩んでいらっしゃる妊婦さんってホント多いですね。

やはり妊婦帯や腹帯で改善しようと思われている方も多いと
思います。

今回は、その腹帯や妊婦帯の危険性または、では、本当に腰痛に効果がある
対策は、何かを纏めて見ました。

妊婦の腰痛改善に腹帯や妊婦帯を付ける危険性

ninnputai

昔から、日本では、5ヶ月の戌の日に腹帯をつけるという
風習があります。

戌の日と言うのは、 安産で多産の犬にあやかってという事です。
そこから自体なんか迷信じみていまね。

姑さんから妊娠中期になると 「早く腹帯を付けなさい」なんて
アドバイスされている方もいるかもですね。

ですが妊婦帯や腹帯には、リスクはあってもメリットは、
殆どありません。

haraobi

妊婦帯や腹帯は、大きくなったお腹を締め付ける訳です。

ですがその締め付けが、赤ちゃんや、お母さんの体を圧迫します。

お腹を締めると、赤ちゃんや大切な胎盤がお母さんの背中の方に
押しやられます。

そうすると赤ちゃんに栄養や酸素を送り込んでいる胎盤に血液が
流れ難くなり、赤ちゃんにも十分な酸素や栄養を送る事が
できなくなります。

昔から言われている妊婦帯や腹帯のメリットは、

スポンサードリンク

「胎児が育ちすぎるのを防ぎ、難産を食い止める効果」

です。これって少し怖いですよね。
胎児を育ち難くする訳ですから・・・・

この腹帯などの風習がある為に 妊娠中毒症や胎盤剥離といった
トラブルは、日本が世界で一番多いと言われています。

実際、日本の看護学校でも妊婦帯や腹帯は、リスクがある
と教えていますし、

助産院でも妊婦帯や腹帯をさせない
所が多くなって来ています。

本当に妊婦の腰痛に効果があるのは?

ninnpu2

赤ちゃんやお母さんの体を守る為には、お腹を締めすぎない
ことが必須となります。

なのでコルセットやサポーター、ガードル系のものは、
お勧めしません。

お勧めは、 骨盤ベルトがベストです。
妊娠中は、卵巣ホルモンのリラキシンが分泌され骨盤が
緩んで不安定な状態になります。

そのことで、骨盤や背中の筋肉や関節がカバーしようとして
動きます。それが原因で腰痛が発症します。

骨盤ベルトは、不安定な骨盤を安定させくれます。

骨盤が安定すると周りの筋肉や関節がもとの状態にもどり
腰痛も改善する効果があります。

妊娠初期の状態から使用していると、産後、スムーズに
骨盤が元の状態に戻ってくれます。

妊娠前のスタイルに早く戻るためにも、
骨盤ベルトは、オススメですよ!
下記に妊婦さんの腰痛に即効性のある
骨盤ベルトを記事にしています。
妊婦さんの腰痛や恥骨痛に即効性のある骨盤ベルト

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です