妊婦の腰痛で湿布って使っていいの?市販品湿布の危険度は?

スポンサードリンク

妊婦さんの腰痛のお悩みは、大変多くて切実な問題ですね。
普段から腰痛持ちの方は、湿布で誤魔化していた方も多いとおもいます。

ですが、 今は妊娠中なので、以前の様に気軽に市販の湿布を
使用することは、母子ともに大変危険です。

今回は、市販品で売られている湿布で危険な物を紹介していきます。

ninp

妊婦が腰痛のため湿布を使うリスクとは?

dame

外用消炎鎮痛剤いわゆる、湿布薬ですね。
これらの効能は、腰や肩などの炎症を抑えたり
痛みやダルさを感じなくする効果があります。
NSAIDs、非ステロイド性抗炎症薬と言われる物です。

主な成分は、インドメタシンやケトプロフェン、ボルタレン
などが有名どころですね。

これらの成分は、湿布にすると皮膚から内部へ、吸収率が
大変高いことが、特徴です。

普段なら即効性があり、コリや腰痛を緩和してくれるのですが

妊娠中となれば話は別です。

では、代表的な成分

    • ボルタレン
    • インドメタシン
    • ケトプロフェン
    • フェルビナク

などの胎児に与える影響を見ていきましょう。

ボルタレンの胎児の影響

545898

これは、ボルタレンだけでは無く、 非ステロイド性抗炎症薬
の全般に見られる悪影響ですが、胎児循環持続(PFC)という
病気になる可能性が高まります。

胎児循環持続(PFC)とは、胎児の動脈管が閉じてしまうことです。

スポンサードリンク

胎児は、胎盤から動脈管を通じて酸素や栄養を吸収します。
この動脈管が閉じたり、収縮すると様々な影響が
胎児を襲うことは、想像できますよね。

その他に、ボルタレンの影響は、 新生児肺高血圧症や
乏尿なの症状が云われています。

インドメタシンの胎児における影響

胎児の動脈管収縮に加え、羊水過少症、胎児腎不全や
産後には、壊死性腸炎になる確率の高まる危険性。
頭蓋内出血が起こるリスクも高まると言われています。

ケトプロフェンやフェルビナクの胎児における影響

こちらも上記症状と同じく、胎児動脈管収縮や
羊水過多、新生児肺高血圧症などのリスクが高まります。

妊婦が使うと危険な湿布の商品名!

ボルタレン

  • ボルタレンAC (販売元) グラクソ・スミスクライン・CHJ
  • ボルタレンEX (販売元) グラクソ・スミスクライン・CHJ

が代表的ですが、よく似た成分の商品が

  • アンメルツNEO      (販売元) 小林製薬
  • サロメチールジクロ (販売元) 佐藤製薬
  • ジクリッチ            (販売元) 日邦薬品工業
  • ジクロテクトPRO   (販売元) 大正製薬
  • フェイタスZ          (販売元) 久光製薬

インドメタシン

  • サロンパスEX                (販売元) 久光製薬
  • バンテリンコーワパップS(販売元)興和
  • ハリックス55IDプラス    (販売元)ライオン

ケトプロフェン

オムニードケトプロフェンパップ (販売元)テイコクファルマケア

フェルビナク

  • フェイタス5.0                      (販売元)久光製薬
  • パテックスフェルビナスターV (販売元)第一三共ヘルスケア
  • パスタイムFX7                     (販売元)テイコクファルマケア
  • オムニードフェルビナク冷感   (販売元)テイコクファルマケア
    まとめ

外用消炎鎮痛剤(湿布)と言うものは、痛みの緩和や
炎症範囲を広がらない様に

血管を収縮する機能を持ち合わせています。

普通の状態では、炎症物質を閉じ込めるて麻痺させる
効果が有益なのですが、妊婦や胎児にとっては、
取り返しが付かない事態をまねく可能性があります。

当サイトでは、妊婦さんの腰痛解消に効果がある方法を
紹介しています。是非参考にされて下さい。
↓↓↓
妊婦の腰痛を即効で緩和できる方法

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です