妊婦が温泉に入って大丈夫なの?悪影響や安全な泉質って?

スポンサードリンク

onnsenn2

妊娠も安定期に入ってくると、一先ず安心ですね。

でもお腹も少し大きくなってきて腰痛や肩こりなんかも
感じているし、気分もリフレッシュしたい。

そんな時に「温泉でもいくか?」と旦那様からの
サプライズなお誘い!

メチャ嬉しい!!
でも何だか心配。

「妊婦の私が、温泉に行って大丈夫なの?」

そんなお悩みの方も多いみたいです。

そこで

  • 妊婦が温泉に入って大丈夫?
  • 胎児や妊婦に悪影響はないの?
  • 安全な泉質ってあるの?

そんなことを調べて見ました。

妊婦が温泉に入って大丈夫なの?

最初に結論から言えば

「大丈夫です!」

よく温泉なんかで見かける注意事項で

「妊娠中の温泉への入浴は控えてください」
という掲示板を見かけました。

これは、昔は、環境省が温泉施設に
「妊娠中の温泉への入浴は控える」
と指導していたのです。

ですが、この事は2014年に全く科学的根拠が無いとして
環境省が取り消しました。

それと

「禁忌症の方は、温泉に入れません」
と書かれています。

確かに禁忌症の中には、妊娠中も含まれています。

禁忌症と言うものは、一般的に正常な社会生活を
送る事が困難な病気のことです。

例えば重度な心臓病や活動性の結核または、呼吸不全

と言った重病患者のことです。

その中に妊娠中も含まれています。
妊娠は、病気ではないですよね。

これは、妊娠初期や妊娠後期の不安定な状態を
禁忌症としています。

妊娠初期の不安定な状態で入浴するとのぼせたり
貧血になる可能性も出てきます。

妊娠後期の場合でも同じ様にのぼせたり、貧血に
なりやすくなります。
それに、妊娠後期となるとお腹も相当大きくなっているので
転倒などの恐れもありますしね。

スポンサードリンク

やはり、妊娠初期や後期の温泉は、やめておきましょう。

安定期の場合全く問題なく温泉に入れます。

胎児や妊婦に悪影響はないの?安全な泉質は?

onnsen1

どの温泉の泉質でも、胎児や妊婦に悪影響を
与える事は、ありません。

一部ラジウム温泉は、放射線を発するので良くないと
言われているのですが、これも根拠がありません。

温泉のラジウムの放射線自体が 極々微量で、妊婦や
胎児に悪影響を与えるものでは、ありません。

まぁ、放射線と聞いて拒絶反応を起こす方も
いらっしゃると思いますが、その場合
ラジウム温泉以外の泉質を選ばれて下さい。
気分の問題ですのでね。

妊婦さんが温泉での注意点

いくら温泉の泉質が問題なくても、感染症には、気お付けて下さい。

onnsen3

やはり妊娠中は、体が敏感になっていて、抵抗力も
普段よりは、低下しています。

温泉施設内の椅子や湯船の縁などに直接座ることは、
避けた方が賢明です。

それと妊婦さんのお肌も敏感になっている可能性も
高いので、泉質によっては、
肌がヒリヒリしたり、被れることもあります。

対策としては、温泉に入った後、必ずシャワーで
温泉のお湯を洗い流すことをオススメします。

普段から敏感肌の方でしたら、温泉選びの時に
硫黄泉や塩泉系の温泉は避けた方がいいですね。

肌が弱い方ならアルカリ性単純温泉をチョイスしてみて下さい。
長野県や山梨県の温泉地などは、アルカリ性単純温泉
が多いみたいです。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です