妊婦さんの足の痺れの原因と対策!3日で改善方法とは?

スポンサードリンク

妊婦さんの足の痺れってほとんどの妊婦さんが経験します。
殆どの方は、生活に支障のない程度ですが、

少しひどくなると、股関節の痛みから脚全体が痺れ、
他人の脚がついているような感じに思われるほど
重症な場合もあります。

特に病気では、ないのでお医者さんも、

「妊娠中なので仕方ない」「出産すれば治ります」

的なことしか言ってくれません。

ですが当人は、何とか痺れを取りたいですよね。
そこで原因と対策と最長でも3日で改善できる
アイテムも紹介ますね。

では、原因と対策を見ていきましょう

妊婦さんの足の痺れの原因

sibire

妊婦さんの足の痺れや腰痛または、お尻の痛み
など、原因は、骨盤にあります。

妊娠中期になると卵巣ホルモンの分泌が多くなり
骨盤や周りの筋肉が動きます。

何故、骨盤や筋肉が動くかと言えば、卵巣ホルモンの
リラキシンという物資が分泌され骨盤の周りの筋肉や靭帯を
緩めていきます。

骨盤の周りの筋肉や靭帯が緩むことによって

骨盤の位置が不安定になり同時に骨盤を開いていきます。

骨盤が開くことによって、段々大きくなっていく
赤ちゃんが楽に過ごせるスペースを確保し、または、
出産をスムーズに出来るように、体のシステムとして動きます。

まぁ、赤ちゃんの為、出産のためという事は、良いのですが

それによってお母さんの体に負担が掛かってしまいます。

スポンサードリンク

骨盤の位置も不安定になり、骨盤が開くことによって、
骨盤周りのお尻や脚の筋肉が引き上げられます。

その周りの神経も刺激し、お尻から脚の裏側に痺れや痛みを
引き起こします。

妊婦さんの足の痺れの対策法は?短期間で改善策とは?

hinnto

痺れの原因が、骨盤の緩みや開き、または骨盤の
不安定さが基となっています。

なので骨盤を正常な位置に戻して固定して
骨盤の開きも安定させることで改善していきます。

そこで腹帯や妊婦帯と昔ながらの方法をとる方も
多いのですが、

これは、今では、百害あって一利なしと言われています。

腹帯などは、大きくなったお腹を支えているだけで、
骨盤の安定には、全く関係ないです。

逆にお腹の赤ちゃんを圧迫し、妊娠中毒症など母体にも
悪影響を及ぼすと最近言われだしています。

妊婦の脚の痺れや腰痛を最長3日で改善できるアイテム

骨盤を正常な位置に戻し安定させるには、何が良いのかと言えば

骨盤ベルトが最適です。

骨盤ベルトは、お腹を締めるのではなく、
骨盤を正常な位置に戻し、開きを安定させる効果が
あります。

ですが骨盤ベルトでも伸縮性のあるものは、どうしても
締め付けてしまうので伸縮性の無い物を選びます。

骨盤ベルトの選び方やオススメを記事にしています。
骨盤ベルトの選び方やオススメは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です